エキスパートが「4つ星」の納得価格です イラスト

シングルの方にも迷った時の復習の一冊として勧めます。パッティングを基礎から学びたい方から、グリーン上でのスコアを少しでも縮めたい方まで参考になる内容です。芯で打つことだけに集中する。

コレです!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

イラスト エキスパートパターが面白いようにはいる本イラスト図解版 [ ライフ・エキスパート ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ゴルフの基本となるだけにシーズンに備えて再度確認しました。【構え方】グリーンに対し肩!腰!膝を平行に構える。パットについて分かりやすい本を探していたのですが!やくにたつ内容がたくさんあり満足しています。パター苦手を克服するために購入。基本的な内容が多いですが思い違いをしているところなどの見直しには良いと思います。【距離感】距離にかかわらず43cmオーバーさせるタッチがカップインの確率が高い。よくあるプロが教える本と違い、わかりやすくとても良かったです。【メンタル強化】寄せに行くと集中力が下がる。肩と両肩でつくる形を固定する。押し出し多い人は左に!引っかけの多い人右に!頭の位置を少しずらし!スムーズにストロークできる「頭の位置を見つける」【グリップ】左手の甲をターゲットに向ける。少しでも身になればと期待してます。五角形が多いが、三角形でも良いので、自分に合う形を見つける。【ライン】グリーンに上がる前に、一番高いところを見つける。【総合評価】パターのコツを理解するのに非常に役だちます。距離にかかわらず43cmオーバーさせるタッチがカップインの確率が高い。【特に役立つコツ】グリーンに上がる前に、一番高いところを見つける。明日のスコアアップに繋がる方法が見つかると思います。頭を上げない。まず、転がるスピードをイメージし、タッチ(振幅)を決め、ラインを読む。面白いように入るかは疑問ですが!どう考えるか学べるのでなんども繰り返し読んでイメージを作りたいと思います。また!それ以外にも芝の読み方!メンタル強化や練習法についてもいろいろ書かれています。丹田(へその下あたり)に力を込めて、下半身を固め、上半身はリラックスする。どのレベルの方にもパターについての考え方!ライン読み!打ち方が間違ってることに気づかされることでしょう。図解イラストはポケット版にもあったと思いますが、今回の本は多色刷りの為、見易く、理解しやすい内容で、構え方、打ち方、狙い方について、何種類かのヒントが紹介されており、各々の利点や効果、中には錯覚や誤解についても書かれてます。パッティングの指南書です!スコアUPへの近道。打った直後に球を目で追って、頭を動かさない。普段自分のやってることの答え合わせになりますね。上がり下がりのラインは谷側(低い側)から見る。左右のラインは球側!カップ側のうち!低い側から見る。右手の人指し指を伸ばすと方向性が良くなる。両手の平は向かい合わせにする。内容はポケット版の物に比べ!加筆・再編集がなされております。グリップ・アドレス・ストロークの仕方から、距離感の出し方、ラインの読み方、メンタルの強化法とパッティングに関するヒントが図解入りで紹介されていて、幅広いレベルの方に役立つと思います。芯で打つことだけに集中する。雑誌で一度は目にしたことのある情報が多くありますが、一度に全ての方法をチェックすることが出来、役立ちます。入れに行くと集中力が高まる。【ストローク】肩や背中の大きな筋肉でストロークし、腕や手などの小さな筋肉を使わない。左手の人指し指を伸ばすと左手首がロック出来る。基本を押さえつつも!ストロークを安定させるためには!ある一定の型ではなく!自分のスタイルを探すことを勧めています。グリーンが早いか遅いかは、練習1球目で10ヤードを打つつもりで打ち、その距離差で判断する。【練習方法】練習グリーンでは1球目が重要。【お願い】もし!参考になりましたら!「お気に入り」に登録して頂ければ幸いです。解り易くて即実戦でイメージできて良かったですアドレスの取り方やインパクトのズレなど些細なことが重要なので!良いことを気付かせてくれます。役にたつ本です。・練習グリーンでは1球毎にターゲットを変える。グリッププレッシャーは途中で変えない。この本は以前、ポケットサイズで出版されていたものです。まえがきに紹介されている様にラウンド平均30パット以下を目指せる本だと思います。。その中から自分に合ったスタンスを選択する事を薦めている本です。読んではいるようになる 訳 ないが この手の本は 興味深いです。本番だけでなく練習でもプレショットルーチンを行う。(当然、本を読んでコツを掴み多大な練習量は必須だと思いますが・・・)最近の数ラウンドで3パットが多く買ってみました。